粗大ごみのうつりかわり

現在すんでいる市に住み始めて20年になります。

20年の間にゴミの出し方も変化してきました。

住み始めたころは、普通ごみと粗大ごみの2種類ほどの分別でしたが、その後ゴミの分別は次々細分化されていきました。
普通ゴミは可燃ごみと不燃ごみにわけられました。

リサイクル化がすすんだので資源ごみが登場しました。
粗大ごみも大きさによって不燃ごみと大型ごみにわかれました。
可燃ごみは生ごみ・資源に出せないもので、有料の専用ゴミ袋に入れてだします。資源ごみは、新聞・雑紙・段ボール・紙パック・古布・ペットボトル・缶などで、更に細かい出し方が決まっていますが無料回収です。


その他にプラスチック製容器包装の回収があります。商品を包んでいるビニールなどで、無料回収です。

ごみ出しの細分化により、その都度市から配られたリストで確認をしなければわからなくなったのが、粗大ごみです。

今まで粗大ごみとされていた品目の、蛍光管・乾電池・カセットテープ類・ガスボンベなどは特定処理品目として無料回収となりました。

それ以外の粗大ごみは不燃ごみと大型ごみになり、どちらも有料です。

不燃ごみは、革製品・CD・アルミホイル・電球などで、50センチ未満のもので有料です・有料の指定ゴミ袋には、大・中・小とありますが、傘などはどの大きさの袋でも一部につけておけばいいなどの例外もあります。

50センチ以上の粗大ごみは大型ごみとなります。


大型ごみはあらかじめの申込みが必要となります。

電話でも申し込めますが、申込み時間帯があります。最近、インターネットでも大型ごみの回収の申込みができるようになりました。

先日さっそく利用してみました。


時間を気にすることなく申込みができて便利です。
申し込む大型ごみをリストから選択して、希望の日を決めると、かかる費用が計算され申込みができます。大型ごみ専用のステッカーを購入して大型ごみに貼り、指定された日の決められた時間に指定の場所にだします。
毎日収集日程カレンダーで確認しながらゴミを出しています。

http://www.city.osaka.lg.jp/jigyosha_top/category/1092-6-2-0-0.html
http://fuyouhin-recycle.com/
http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/shouhi/data09295.shtml

練馬区の便利屋が気になる方はこちらへご来訪下さい。

世田谷区の不用品回収に関する情報収集をサポートします。

埼玉の不用品回収に今、注目が集まっています。

話題になっている神奈川の便利屋の専門サイトのココです。

ed治療の病院の情報がてんこ盛りのサイトです。